オフィシャルサイト

目指せ!こころの自由人 潮凪洋介 自由人生BLOG

潮凪洋介の自由人生塾 ~パラレルキャリア専門ブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二十代の愚行のすすめ

どうも!こんにちは!
ドリームアワード事務局の世利です。

ようやく春らしい、過ごしやすい気候になってきましたね!
ステキな週末をお過ごしでしょうか。
    
       
今回紹介するのは、
「人生における愚行」の考え方だ。
   
    
人生の三大後悔はなんだろうか。
   
   
人生の三大後悔
  
①もっと勉強(仕事)しておけばよかった
②もっと遊んでおけばよかった
➂もっと恋をしておけばよかった
    
勉強も仕事も遊びも恋も、
年齢制限があるけではない。
   
にもかかわらず、
二十代を通過してしまった人間が、
この三つで後悔するのは
   
「もうこれでいい」というまで
「やり切れなかった」ということなのだ。
   
もうやり切れない、と思うほどやってみる。
   
それが「愚行」だ。
   
たとえば、勉強でもいい。
   
一心不乱に勉強していると、友人が来て
   
「なんでそこまでやる。
 お前の実力なら、そこでも、絶対受かる。
    
 貴重な青春の時間を、
 勉強漬けで終わらせていいのか」
    
と、言ったとする。
   
それに耳を貸さずに、
恋も遊びも封印して勉強に打ち込んだ。
    
傍から見れば愚行に映るかもしれないが、
    
二十代に何かに打ち込んだ経験は、
必ずあとになって生きてくるものなのだ。
    
「愚行」は恋であっても、遊びであってもいい。
    
10年、20年後に
「とても、あそこまではできないな」
と思うようなことを、
二十代のうちにやっておくといい。
   
     
引用:「20代でやっておきたいこと」川北義則
    
    
「もうやり切れない」
   
そう思えるほどやった思い出は
成功体験だろうと、失敗体験だろうと
思い返してみると、いい思い出だ。
   
反対に、途中で諦めたり、やらなかったことは
一生後悔として残りますよね。
   
二十代といわず、何歳からでも
今からでも遅いということはないはずです。
   
とことんやってみよう。
そうやって踏み出す一歩が、
あなた自身を成長させてくれるはずです。
   
「勇気一瞬 後悔一生」
     
     
夢を見つける、実現する、仲間をみつける日曜学校
来月は、5月17日(日) 17:30~
     
それでは、自分らしく輝ける人生に!
Dreams come true!!

世利
[ 2015/04/26 11:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。